大手には真似できないゼロ距離戦略とは?

この記事の内容に適している対象者と得られること
本記事は、ランチェスター戦略を知りたい方やランチェスター経営を治療院に取りれて、業績をアップさせたい方に向けに書いています。

 

どうも、清水(@shimizu)です。

 

【 VOL.5】ランチェスター戦略×治療院経営では、『強者にはできない0距離戦略』について解説していきます。

 

大手に勝つには、何をすればいいと思います?

 

店舗経営者

大手と同じ戦略をやるのかもしくは、自分のオリジナルの戦略を練ることですか?

 

そうですね。

 

では、独自の戦略とはどういうものでしょうか?

 

店舗経営者

オリジナルのスキルを開発することですね。

 

いつ頃開発できるのですか?

 

店舗経営者

それはある程度時間がかかりますよね。オリジナルですから。

 

それを開発するまでの売上はどうするのですか?

 

店舗経営者

うーん、、、、。

 

オリジナルのスキルも大切ですが、まずは、今の自分にできる戦略を考えましょう。

 

この記事を書いている人

清水亮彦

2015年に整骨院を開業。

保険に頼らず、自費治療のみ。メニュ一も1つだけ。

15分8,000円の施術で”平均”月商250万円を達成。

詳しいプロフィールはこちらへ

 

 

小が大を倒すポイント

 

ランチェスター戦略をわかりやすくいうと、小が大を倒すために作られた戦略です。

 

世の中は大きな企業が経済を支配しています。

 

生物同士の戦いをイメージしてほしいです。

 

どのような生物が強いですか?

 

店舗経営者

大きな生物は強いですよね。アリよりも像の方が強いですから。

 

そうですね。

 

体の大きさは、戦いでは、重要です。

 

ボクシングでも階級が分かれていますが、なんで分かれているのか知っていますか?

 

店舗経営者

体重差による不公正を生まないためですか?

 

そうです。

 

体の大きさというのは、あなたが思っている以上に致命的です。

 

体の大きさとは、ビジネスでは資本力です。

 

資本力がある方がビジネスでは有利です。

 

ある時あなたの店舗の隣に、年商数億円のライバル店舗ができたらどうしますか?

 

店舗経営者

クレームを入れます。笑

 

ビジネスは無差別級なんです。

 

同じレベルの人が周りに来るとは限りません。

 

正々堂々はビジネスには無い。

 

時には、2メートル200キロの怪人と戦わないけないんです。

 

店舗経営者

戦いたくないな…。そんな敵をどうやって倒すんですか?

 

運動エネルギー=力×距離

 

運動エネルギー=力×距離を使います。

 

小は小にしかできない戦略をとればいいのです。

 

店舗経営者

でも小ではパワーは限られていませんか?

 

はい、そうです。

 

ここで考えてほしいのは、運動エネルギー=力×距離の公式です。

 

先ほど言った通り、力を変えることはできません。

 

最大はパワーは大手の方が強いです。

 

ですので、距離に注目します。

 

店舗経営者

距離を狭めるのですか?

 

そうです。

 

相手の懐に入り、距離を無くし、攻撃力を無力化します。

 

パワーに勝つにスピードしかありません。

 

小の強みはスピードが命なんです。

 

店舗経営者

なるほど。具体的には何をすればいいのですか?

大手のコバンザメになるのですか?

 

顧客との距離を徹底的に近くする

 

違います。

 

顧客との距離を徹底的に近くするのです。

 

大手に近づくのではありません。

 

大手が唯一できないこと。

 

仮にできたとしてもスピードが遅いこと。

 

それが顧客との関係性です。

 

店舗経営者

そうなんですか?

 

例えば、顧客の要望があっても、大手は一度それを上に持ち帰らないといけません。

 

上の人に決定権があるからです。

 

しかし、個人は自分に決定権があるので早いのです。

 

例えばラインを使えば、顧客とのコミュニケーションが近くなります。

 

またzoomやビデオアプリを駆使することで、顔も近づけることができます。

 

今の時代売れている人の共通点はわかりますか?

 

店舗経営者

実力がある人です。

 

違います。

 

今の時代は実力(スキル)は売れる要素の割合は小さいです。

 

顧客との距離感を保つのがうまい人が売れる時代です。

 

顧客との距離感を変えるだけで、集客やリピートは変わってきますので、意識してみてください。

 

清水亮彦

最後まで読んで頂きありがとうございます!

 

もしこのコンテンツがためになった思っていただけたなら、

 

YouTube

Twitter

Instagram

 

のフォローをよろしくお願い致します。

 

今後の活動の励みになります。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手