糖尿病はガンやエイズよりひどい

マガンダン アラウ!

 

どうも、AKIです!

 

糖尿病はみんな知っていますよね?

 

生活習慣病というカテゴリーの入っているので、軽くみられがちです。

 

ですが、実際は、ガンやエイズ、肝炎よりひどい病気です。

 

国民の5人に1人が糖尿病です。

 

中には、自覚していない人もいます。

 

いつも患者様には言っていますが、完全に発症してからでは、マジで遅いです。

 

 

どんな人が糖尿病になるのかというと、10代、20代、30代までに「冷凍食品」「お菓子」「アイス」「外食」「お惣菜」「スイーツ」を食べ続けてきた人です。

 

デスクワークの人や1日に歩く時間が少ない人(100ー自分の年齢=分)、また激しくスポーツをしていた人もなりやすいです。

 

糖尿病って言っても、どんな症状が出るのか、よくわからない人がいると思います。

 

症状は、発症後4年で神経障害で手足の感覚がなくなるか痺れまくるか。

 

5年以降は、網膜剥離による失明のリスク。

 

10年以降は、腎臓機能低下による人工透析。

 

また発ガンしやすいや歯がボロボロになる。

 

うつになります。

 

 

もし糖尿病と診断されたら、3年以内が勝負です。

 

これ以上長引かすと、上記のリスクがグッと上がります。

 

ここから少しブラックな話です。

 

 

糖尿病は、現代社会で生きている限りほぼ確実にかかる病気です。

 

政治や行政や社会を根本から変えないと患者数は増えます。

 

結局は自己責任の世界です。

 

糖尿病になる原因を提供している、食品メーカーも外食産業、政治も利益が欲しいです。

 

だから簡単にやめるとわけにはいきません。

 

 

たまに「体に悪いものを売るはずがない」という人がいますが、食品工場などで働くといいです。

 

なぜ企業がその価格で提供できるかがわかります。

 

世の中の構造は、どうみたってピラミット構造です。

 

上がいて下がいます。

 

 

糖尿病になれば、人工透析が待っています。

 

人工透析になって初めて、カラクリに気づきます。(普通に生きていれば糖尿病になるんだと)

 

そうらないように、世の中の仕組みや自分の体に興味を持って見るといいです。

 

それでは、パアラム!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆フィリピンと日本に会社を持っている経営者 ◆実は凄腕整体師 ◆元シンガポールプロサッカー選手