顧客単価を上げよう!

https://www.youtube.com/watch?v=6rJTrQHdJ9w

 

こんにちは、清水です。

今日は、「ライフタイムバリューの上げ方」

について話していきたいと思います。

 

既存の状態のままLTVをすぐ上げるには、

次の項目のうちどれかをやればいいのです。

 

1つ目は、単価をあげる

2つ目は、回数を増やす

3つ目は、両方です。

 

1つ目の単価を上げるですが、これは簡単ですね。

値段を上げればいいだけですから。

 

ただ、自分の施術の単価が今いくらなのかを

正確に把握していなければいけません。

 

メニューが複数あったり、初診や2回目など、

料金が一定でないところがほとんどなので、

この数字も正確に出して方がいいでしょう。

 

1回客単価の出し方としては、

総売上÷取引回数

 

取引回数というのは、施術した回数ですね。

1日の何回施術したかです。

 

同じ人を2回施術した2回とカウントしていきます。

LTV÷平均リピート回数

として出していきます。

 

例題としては、総売上1000万円、総施術回数2000回だと、

1000万÷2000回で、5000円となります。

 

もうひとつの計算方法だと、LTVが4万円、

平均リピートが5回だと、8000円となります。

 

客単価を上げるには、値上げやアップセルと言われる、

もっと上のコースがあるので、どうですか?と進める

やり方や、クロスセルといわれる、いつものコースに

プラス何かオプションをつけることなどして上げてい

くのもいいでしょう。

 

次の動画では、LTVを上げる方法の回数を上げるに

ついて話していきたいと思います。

 

今日も最後まで聞いていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。