集客できる店舗が使う予約が取れるターゲット設定の方法と重要テクニック

https://www.youtube.com/watch?v=n6_UfX_EX6M

 

こんにちは、清水です。

今日は、「ペルソナの設定の仕方」について

話していきたいと思います。

 

ペルソナは人格や価値観などのフォーカスして

一人の人物をフォーカスしていきます。

 

なぜ特定の人物を作るかというと。

一貫性を保てるようになるからです。

 

一貫性が保てることで経営に起こるメリットは、

メッセージがブレなくることです。

 

メッセージがブレなくなることで、

自分の治療院のコンセプトの明確になっていきます。

また意思決定がしやすくなるということもあります。

 

何か迷いが生じた場合、ペルソナを基準に考えれば、

本当にこの手技療法や新しいサービスが自分の治療院必要かがわかります。

 

スタッフとの共有もしやすくなることもあるでしょう。

どいうことか曖昧な場合など、ペルソナという明確な基準があれば、

判断しやすくなります。

 

これからペルソナの設定の仕方を説明していく前に、

設定する前に注意事項があります。

 

まず、一つ目は設定のプロセスを省かないようにすることです。

設定するまでに少し時間がかかるのですが、

サボらないようにしましょう。

 

2つめは、自分の感情が入らないようにすることです。

設定しているとだんだん自分の意見が入ってきてしまうので、

そこを気をつけましょう。

 

次回は具体的な設定の手順について話していきたいとも思います。

今日も最後まで聞いていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。