治療院・店舗経営がうまくいく!お会計の理想的な順番・ステップとその理由

https://www.youtube.com/watch?v=hvXsBcjR9CI

 

こんにちは、清水です。

今日は、「お会計の順番」について

話していきたいと思います。

 

あなたの治療院では、

お会計は予約を取る前にしていますか?

それとも予約を取り終わった後にしていますか?

 

これによって予約率に差がでてきてしまうので、

注意しなければいけません。

 

ベストな流れは、

次回予約の後にお会計があることです。

 

なぜかというと、治療が終わった後に予約をとることで、

治療の再現をまたできるという認識になるからです。

 

お会計のあとに予約だと

またお金を払う認識になってしまいます。

 

予約を取るまでが

ひとつの治療の流作るといいでしょう。

 

何回に渡って問診について話してきました。

治療院というのは、リピートビジネスです。

1回きたら終わりというものでないです。

 

また治療というのも

一度きりのものではないと思います。

 

初回の問診で一度ついたマイナスのイメージは

なかなか覆すことができません。

 

ですが逆をいえば、初回がうまくいけば

次からはどんどん楽になっていきます。

 

次回以降を楽にしていくには、

とにかく問診に力を入れてください。

 

良い信頼関係を気づけるように

頑張っていきましょう。

 

今日も最後まできいてくださり

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。