治療院の先生や医者が知るべき患者が喜ぶ症状説明ノウハウ・テクニック!

https://www.youtube.com/watch?v=T9aVU3WJsWM

 

こんにちは、清水です。

今日は、「治療の説明編」について話していきた

いと思います。

 

そもそもなぜ、治療の説明をすると思いますか?

それは、治療自体の定義があいまいだからです。

 

あなたも治療とは何かと言われたら完結に言えま

すか?小難しくなると思います。

 

当然、患者さんには理解できるわけがありません。

これからしてもらう治療が実はなんだかわからない

、当然不安ですよね。

 

その不安を取り払う作業をしなくてはいけません。

ではそのために何を説明するのか?

 

1つは、治療方針を説明しなければいけません。

例えば、当院では痛みではなく、歪みを治していく

など、どのようなことを指標としてみていくか、1

回ではなく複数回治療して完璧に改善させていくな

ど、リピートの布石になるような明確な理由をいわ

なければいけません。

 

また治療内容もきちんと説明しましょう。

痛みの原因を治療するので、痛みのある場所ではな

く悪いところを治療しますなど、しっかりと治療の

趣旨を伝えておきましょう。クレームの防止にもな

るので、忘れないでくださね。

 

最後は他院との違いですね。

 

患者さんは、はやくよくなりたいので、治療と並行

してマッサージに行ったり、ジムで運動したりとあ

なたの治療以外にもいろいろなことをしているはず

です。

 

せっかく治療をしても自ら悪くさせてしまうことが

多いので、他のことはやらないようにとメリットデ

メリットをしっかり伝えておきましょう。

 

そうでないと、せっかく先生の治療でよくなったのに

、治ったのはストレッチしたからだなどといわれてし

まうので、浮気防止は怠らずに説明してあげましょう。

 

次回は、治療内容にすごく期待して来院された患者さ

んの対応について話していきたいと思います。

 

今日も最後まで聞いていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。