治療院で患者の痛みをコントロールして満足度を上げよう!リピート率アップノウハウ

 

https://www.youtube.com/watch?v=XBDx9_QF-Uc

 

こんにちは、清水です。

今日は、「痛みの基準をすり替えろ」について話

していきたいと思います。

 

また痛いと言うフレーズは施術家にとっては、非

常にダメージのなるセリフだと思います。このフ

レーズはできれば聞きたくないものであると思い

ます。

 

このフレーズを言われないなめには、患者さんの

主観だけにまかせて判断させるのではなく、こち

らの基準というもの作ってあげなければなりませ

ん。

 

痛いという他にもせっかく良くなっているのに、

急に治療をやめてしまう患者さんていませんか?

 

これはも、主観や基準が全部向こうにあるからな

んですね。ちゃんと治療家と患者さんで二人で共

有できる基準を作っておかなければなりません。

 

例えば、痛みというのは、他の基準に変えられる

ものはないのか?痛みは歪みや姿勢からくるのだ

から言い換えれば、それらを基準にすることもで

きます。

 

そうすると、痛いではなく、まだ歪んでいる、で

は歪みをとりましょうという本当の治療の流れが

できます。

 

また質問の仕方にも気をつけた方はいいです。

どうですか?では必ずまだ痛いというセリフは出

ています。

 

さっきよりどうですか?または、曲がりますかま

ど、痛いというフレーズを出さないようにしまし

ょう。痛いというフレーズが施術中に多くでれば

でるほど、治癒力は下がります。

 

ネガテイブなワードは空間を歪ませます。

 

なので、なるべく痛みというフレーズ使わないよ

うにしましょう。そのためには、痛みを他のフレ

ーズに変えてください。

 

多くの治療家が痛みの論点をすり替えることがで

きないせいで、まだ痛い病と闘っています。

 

あなたもそうならないように、痛み=歪みや自分

の指標に変えて、正しい治療の価値を患者さんに

伝えてあげてください。

 

今日も最後まで聞いてくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。