治療家が知るべき効果的な治療を行うための2つの注意点!

https://www.youtube.com/watch?v=PS5aoa2aiDs

 

こんにちは、清水です。

今日は、「効果的な治療にするための2つ注意事

項」について話していきたいと思います。

 

治療に際に気をつけることは、おおまかにいうと

2つあります。

そのうちのひとつが、できるだけシンプルに手短

にするです。手技の手数はできるだけ減らした方

がいいでしょう。

 

たくさんやった方が喜ばれるじゃないのと思うか

もしれませんが、手数を多くすれば多くするほど

終わった後の感動は少ないです。

 

だからといって短時間で終われせればいいという

わけでもなく、あくまでも時間ではなくて手数の

種類を限りなく少なくすることが重要です。

 

いろいろやってもらって変化するのは当たり前、

少なくやって変化するのはすごいという前提があ

るので、できれば手数を少なくして多くの変化を

生み出してみることを意識してみてください。

 

2つ目は治療前の説明と整合性が必要というこ

とです。自分で痛みではなく、歪みをみていき

ますといったのに、終わった後に痛みのばかり

おった質問をしたり、可動域が大事といいなが

ら、痛みをおってしまったりなど、最初に説明

したことと治療が終わった後に説明しているこ

とや確認していることがあべこべになっている

と不信感を患者さんは不信感を抱くので、気を

つけてください。

 

治療に関しては、しっかりと自分の基準、軸を

もってすることが大切です。

 

1回で良くなるものなのか?半年かかるものな

のか?正解、不正解ではなく、自分の治療の哲

学のものと患者さんを改善というゴールに導い

てください。

 

自分の気持ちが揺らがないように気をつけてく

ださいね。

 

今日も最後まで聞いてくれてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。