患者の満足度を一気に上げる治療院の先生の伝え方ノウハウ基礎編

https://www.youtube.com/watch?v=ruWo4VaoBV0

 

こんにちは、清水です。

今日は、「検査は信頼関係」について

話していきたいと思います。

 

何百万もかけて勉強して、最高の治療をしたのに

、治療が終わった時にそんなに患者差さんが満足

していない、そんな悲しいことはありませんよね。

 

なぜ満足していないのか?

変化していない?

変化に気づいていない?

変化に満足していない?

 

原因はいろいろあるかもしれませんが、まずは検

査の段階で相手の状態をしっかり説明することが

大切です。

 

そもそも検査はだれのためにやるのか?

施術者のため?術者のため?

答えは両方です。

 

まずは、患者さんに今自分はどういう状態なのか

を理解してもらわなければなりません。

 

肩が上がるけど、どのように上がるのか、突っ張

りなが上がるのか?スーッと上がるのかで伝える

ことは違ってきますよね。

 

治療家みてたいしたことないなと思っても悪い場

所があれば、正確に伝えてあげましょう。

 

体の違和感がある時点で、マイナススタートなの

で、今の患者さんの体の状態は普通ではないこと

をしっかりと伝える検査をしましょう。

 

そしてそのマイナスの状態をゼロベース、プラス

と手技でしていくことで、信頼関係を作っていっ

てください。

 

間違えてもたいしたことないからとさっと治療を

終わりにしない方がいいいです。

 

もちろん痛みが取れればよしというスタイルの先

生ならいいですが、信頼関係をしっかりと作って

いきたいのなら、1つ1つ丁寧に体の変化を患者

さんと共有していくことをお勧めします。

 

今日も最後まで聞いていただき

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。