患者さんが施術による変化に満足してない場合の3つの原因と改善方法

https://www.youtube.com/watch?v=LK9eGtR0_-g

 

こんにちは、清水です。

今日は、「変化に満足していない」について

話していきたいと思います。

 

変化に満足していない原因としては、

・痛みのすり替えが甘かった

・期待値が高いままだった

・変化が小さかった

などが上げられます。

 

痛みのすり替えですが、患者さんと自分で共有で

きる基準が作れていなか、伝わっていないという

ことです。

 

しっかりと基準を相手に伝えましょう。

 

伝えているのになかなか分かってもらえないという

方は、もっとはっきり伝えましょう。

 

いいきるように感じで伝えてあげるといいでしょう。

 

期待値が高いままだったというのは、フラットな状態

で施術に入れていないので、まずは現状の期待値の把

握して、しっかりと下げてから施術に入りましょう。

 

最後の変化が小さかったですが、ビフォーに問題があ

ります。ささいなところでもいいですから、患者さん

にここがいかないということを認識させてください。

 

満足していない場合は、治療技術が悪いのではなく、

見落としている項目が必ずあるので、これらを徹底的

に意識して確認していきましょう。

 

今日も最後まできいてくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。