売上げを構成する要素

こんにちは、ネオ治療家塾の清水です。

今日は、「売上げを構成する要素」について話していきたいと思います。
突然ですが、売上げの公式って書けますか?

売上=客数×単価×購買頻度ですよね。

例えば、A治療院での客数が、200人で、単価が5,000円、購買頻度が2回だと売上は、200万円になります。

B治療院では、客数が100人しかいないのですが、単価が1万円、購買頻度は2回、それの売上は200万円とA治療院と同じになります。

このように売上というのは、客数×単価×購買頻度の掛け算で決まります。
これを分析することで、自分はどこの数字を上げればいいのかがすぐにわかります。

自分は、大勢を相手にするのは得意じゃない、でも一人一人丁寧にしていきたいと思うなら、単価をあげることを中心とした戦略を練ることができます。

反対に、もっと多くの人を一人でも診ていきたいと考えているなら、客数を増やすことを中心とした戦略を練ることができます。

もちろん注意すべきポイントは、計算した売上が上がっていることです。
下がっては意味がありません。

それぞれ、自分の得意なスタイルを見つけて、取り組んでいくことが大切です。

値上げしたくないのに、流行っているから値上げしたり、とりあえずお客さんがいっぱいいれば安心だと思い、キャパオーバーなことをしていると体を壊したり、経営が傾くことがあります。

治療と一緒で、経営もみんな同じところが、問題ではありません。

自分の感情に流されず、しっかり経営分析をして、あなただけの問題点をあぶり出し、それを解決していくのに集中しましょう。

次回はより詳しい数字の出し方について話していきたいと思います。
今日も最後まで聞いていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。