問診に説得力を持たせて患者さんから信用させる実践的トークテクニック

 

https://www.youtube.com/watch?v=xCTLaDC8ULQ

 

こんにちは、ネオ治療家塾の清水です。

今日は、「深みを出して問診しろ」について話し

ていきたいと思います。

 

治療の説明の時に、あまりにわかりやすく単純に

しゃべるにもいいですが、奥深さも必要です。

 

グループなどの治療院ではいいですが、個人の規

模の治療院では、なめられることもあります。

 

もちろんシンプルな説明は心がけた方がいいでし

ょう。治療家は簡単だと思っても、相手からした

ら初めてきくことなどで、理解するのに時間がか

かります。

 

ちょうど今僕が説明していることのように、同じ

結果を出している先生なら「そうそう」という感

じで聞いているかもしれませんが、初めてきく先

生は、「えーなんか難しいな」と思っているはず

です。

 

そのような感じで、最初はかなりわかりやすくい

うことが大事です。

 

そのステップをクリアできたら徐々に深みを出し

ていきましょう。

 

歪みを直すと、内臓からくる歪みを直すでは、同

じ歪みを直すでもレベルが違うと思います。

 

単に歪みをなおすからもっと深い部分へいかなけ

ればなりません。

 

相手が理解できるレベルで深く話していくと「こ

の先生は違うな」と相手は感じてくるでしょう。

 

逆に、フィラメントやゴルジ装置など治療に大事

なんですが、あまりにも相手が理解できない言葉

だとチンプカンプンになってしまい、きくのをや

めたり、あそこは変なところだなどという噂を立

てられてしまうので、気をつけましょう。

 

今日も最後まで聞いていただきありがとうございま

した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。