たくさん予約を取れる店舗の広告宣伝ノウハウ!集客するターゲット設定のポイント

https://www.youtube.com/watch?v=VV7eJbgpE1I

 

こんにちは、清水です。

今日は、「ペルソナ設定の重要性」について

話していきたいと思います。

 

治療家さんの中には、たくさんの人に良い治療を届けたいと

意気込んでいる人もいるかもしれません。

 

そのためには、肩こり、腰痛、頭痛、不妊なんでもでも来てくださいと

言ったほうがいいと思っている治療院がほとんどです。

 

たしかにいろんな症状に対応できた方がいいですが、

宣伝するときにかぎっては、なんでもできるという謳い文句は

あまり効果的ではありません。

 

ではどすれば効果的に宣伝できるのか?

それは誰に何を売るのかを

明確に理解していればいいのです。

 

要は、敵を知り己を知れば百戦危うからずのように、

自分の治療は誰に対してサービスなのか、

そしてそのサービスを受けることで、

患者さんにはどういう利益があるのかを

把握しておかなければいけません。

 

ちなみに、自分の理想のお客さん像のことを

ペルソナといいます。

 

そして自分の治療を受けてペルソナに起こるメリット、

利益のことをベネフィットといいます。

 

利益とは、治療を受けることで、体が軽くなるという浅いものから、

軽くなることで、体がよく動き大会で良い成績を収めれるなど、

深いところまであります。

 

マーケティングをしていく上で非常に重要になってくるので、

ぜひ覚えておいてください。

 

次回はペルソナを設定するメリットについて

話していきたいと思います。

 

今日も最後まで聞いていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。