【整体院集客リピート】お金の守り方について

こんにちは、清水です。

お金には「攻め」と「守り」があることはご存知でしたか?

治療院経営では、年商の上限が決まっています。

どんなに頑張っても個人で売上られる限界があります。

もちろんそこから色んなビジネスに展開(物販、DVD、協会、店舗展開、コンサル)することもできます。

が、収入が増えても支出が同じだけあっては貯金はできません。

今日はお金の「守り」について話していきたいと思います。

守りを覚えることで、お金の使い方が上手になります。

物を持たない

物欲が誰にでもあると思います。

ですが、物ほど価値のないものはありません。

買った瞬間から価値が下がるからです。

これから物を買う時は、

「荷物になる物は買わない」

ということを心がけましょう。

知識や体に投資する

お金を使う時は、知識に投資しましょう。

知識はいくら増えても物になることはありません。

知識が増えれば、知恵がつきあらゆる困難を乗り越えることができます。

体も健康じゃなければいけません。

食べ物を体に良いものは積極的に摂取しましょう。

貯金をする

貯金をすることで、精神的にゆとりができます。

人生はお金は全てではありませんが、お金に守られる時は必ず来ます。

その時までしっかり貯めておきましょう。

まとめ

 

今の日本で守りを徹底すれば、年収が400万レベルでも億万長者にだってなれると言われています。

徹底して守りをしましょう。

 

個人治療院の経営者の方へ

☑️患者様が集まらない…
☑️患者様が定着しない…
☑️売上が上がらない…
☑️高単価治療をしてみたい…
☑️短時間治療をしてみたい…

もしこのようなお悩みがあるなら、

「治療の売上を確実に上げる 32のマーケティング戦略チェックシート」を手に入れて実践してみて下さい。

上記お悩みを解決できる方法がきっと見つかります。

「治療の売上を確実に上げる 32のマーケティング戦略チェックシート」を無料で手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。