【感動と驚きでファン患者さんを増やす】

清水です、
ファン患者さんが増えると治療院経営は安定しますよね?

新規で患者さんを集めることあ、すごく大事です。
それと同じくらいファン患者さんを増やすことは重要です。

ファン患者さんを増やす時に一番大事なことは、
「感動と驚きを提供する」ことです。

驚きと感動を提供する要素としては、

・感動してもらう施術、意外性で驚きを与える
・ビフォーアフター
・確認の仕方

施術の満足とは変化を体感してもらうことです。

患者さんが、「先生すごい」と驚いたり、「先生のおかげで、良くなりました。」
というふうに感動してもらえるような施術を意識して提供することが大切です。

ではさっそくいきたいと思います。

====
感動してもらう施術、意外性で驚きを与える
====

施術や技術の力というのは、そのまま商品価値に当てはまります。

感動してもらう施術、意外性で驚きを与えるというのは、
患者さんの期待以上の効果を出すことが求められます。

特に初回来院時は、しっかりと感動してもらえるような施術を
提供しないと、リピートに繋がっていきません。

変化をしっかりと体感出来るような技術、もしくは、
伝える技術がすごく重要になってきます。

例えば、「たった数秒で痛みが軽減する」など、完全に痛みがなくならないにしても、
「ちょっと触っただけで痛みがなくなる」もしくは、
「腰が痛いのに首を施術したら腰の痛みが軽減した」など、
短時間で低刺激になればなるほど患者さんはびっくりして、感動に繋がっていきます。

感動してもらう施術、意外性で驚きを与えるをまとめると、

・技術力=商品価値
・感動してもらう施術とは患者さんの期待以上の効果をだすこと
・初回来院時に感動してもらわないとリピートにはつながらない
・しっかり変化を体感して頂ける技術が必要
・『意外性』で驚きを与える
・短時間、低刺激になるほどびっくりし、感動する

次回は、ビフォーアフター、確認の仕方について
話していきたいと思います。

では。

=============================
<追伸>
”当院の蓄積したノウハウをすべて公開し、3ヶ月で完璧に
安定した治療院経営ができる仕組みづくりを提供します”
 
100院のうち80院は、売れる仕組みがなく、
「集客できない、利益が出ない」ともがき苦しんでいます。
 
売れる仕組みを構築していなくては、
売上をあげることは絶対にできません。
 
もしあなたが、売れる仕組み作りに興味があるなら、
ぜひこのレポートを読んでみてください。
登録はこちら↓
http://goo.gl/ic7e10
  
<追追伸>
一度システムを作れば後は、
月に1回修正するだけで大丈夫です。
 
このシステムを導入した8割のクライアントは、
月商30万円から150万円になりました。
他院に真似される前に手に入れてください。
登録はこちら↓
http://goo.gl/ic7e10
=============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。