【売れる営業マンの秘訣】

清水です、
売れる営業マン秘訣を知っていますか?
 
とてつもない話術がある
心理学をよく知っている
メンタリズムをもっている
 
違います。
答えは、お客さんの話を聞くです。
 
正確には、お客さん本当の悩みを聞くです。
 
 
成約できないほとんどの原因は、
おきゃくさんとコニュミケーションが取れていないことです。

「そんなことはないですよ」
と思うかもしれませんが、ほとんどの治療家は取れていません。
 
ボイスレコーダーで、お客さんとしゃべっているところを
録音してみるといいかもしれません。
 
 
結局のところ人対人です。
なので、コニュミケーションが大事です。
 
「お客さんが聞きたいことを言ってあげる」
できているようでできていない要素です・
 
「いっぱい話しを聞いてあげる」
これだけでは、不十分です。
 
お客さんが何に悩んでいるのか?
どいういうことを聞いて欲しいのか?
 
信頼される治療家になるには、
これらに答えていかなければいけません。
 
 
本来専門的な分野の人は、お客さんの聞きたいことを
わかりやすく説明してあげなければいけません。
 
自分の知っている知識を言うだけではいけません。
 
 
お客さんの本当の問題点をリストアップするといいでしょう。
私は常に200は以上はリストアップしています。
 
本当にお客さんのことを考えているのなら、
お客さんの本当の問題や知りたいことをリストアップしてみる
 
ぜひやってみてください。
では。
=============================
<追伸>
”当院の蓄積したノウハウをすべて公開し、3ヶ月で完璧に
安定した治療院経営ができる仕組みづくりを提供します”
 
100院のうち80院は、売れる仕組みがなく、
「集客できない、利益が出ない」ともがき苦しんでいます。
 
売れる仕組みを構築していなくては、
売上をあげることは絶対にできません。
 
もしあなたが、売れる仕組み作りに興味があるなら、
ぜひこのレポートを読んでみてください。
登録はこちら↓
http://goo.gl/ic7e10
  
<追追伸>
一度システムを作れば後は、
月に1回修正するだけで大丈夫です。
 
このシステムを導入した8割のクライアントは、
月商30万円から150万円になりました。
他院に真似される前に手に入れてください。
登録はこちら↓
http://goo.gl/ic7e10
=============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。