【リピート時に感じる3つのストレス】

清水です。

突然ですが、あなたの治療院の6回目までの
リピート率は60%以上超えていますか?

超えていないと、
広告費倒れしてしまう可能性があります。

高いリピート率を維持するには、
患者様のリピート時発生するストレスを解消してあげる必要があります。

リピートする時に発生するストレスしては、

・時間的なストレス
・金銭的なストレス
・人間的なストレス

があります。

この3つをクリアにしていくことで、
リピート率は飛躍的に伸びていきます。

まずは、時間的なストレスから説明していきたいと思います。

時間的なストレスというのは、
何回も来ないといけないという心のストレスです。

期限や期間のない通院というのは、
すごくストレスになります。

例えば、慢性的な症状の患者さんの場合、
具体的に何回、何ヶ月来るなどを伝えない場合があると思います。

このように、出口が見えない状態にしてしまうと、
患者さんはストレスになる場合があります。

ではこのストレスをどうやって軽減していくのか?

通院間隔を調整してあげるということが、
非常に重要になってきます。

通院間隔をあけて、良くなっているという意識を
患者さんにも持ってもらうことです。

ずっと同じペースだと、「本当に良くなっているのか」と
患者さんも疑問に思います。

「先生のために通わされているのではないか」というふうに思う人もいるので、
改善しているという意識を持たせる必要があるのです。

来院間隔を少しずつあけていったり、
バラバラに来院間隔を調整するなどの施策が必要になってきます。

またセルフケアの指導などを行い、自分でやっても改善できるくらいまで、
良くなってきていると伝えてあげてもいいでしょう。

では!

=============================
<追伸>
”当院の蓄積したノウハウをすべて公開し、3ヶ月で完璧に
安定した治療院経営ができる仕組みづくりを提供します”
 
100院のうち80院は、売れる仕組みがなく、
「集客できない、利益が出ない」ともがき苦しんでいます。
 
売れる仕組みを構築していなくては、
売上をあげることは絶対にできません。
 
もしあなたが、売れる仕組み作りに興味があるなら、
ぜひこのレポートを読んでみてください。
登録はこちら↓
http://goo.gl/ic7e10
  
<追追伸>
一度システムを作れば後は、
月に1回修正するだけで大丈夫です。
 
このシステムを導入した8割のクライアントは、
月商30万円から150万円になりました。
他院に真似される前に手に入れてください。
登録はこちら↓
http://goo.gl/ic7e10
=============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

しみず あきひこ

2013年、整骨院を開業。開業当初は保険治療中心に取り組むが自分のやりたい治療ではないと思い、半年で自費に移行する。 自費治療にする前に大金をはたいて治療技術を高め準備万端で、再スタートするも月の売上が10万円まで落ち込む。そこから不屈の闘志で経営を回復させ、月商250万円まで上り詰める。 まとめ払い、見積書など時代のニーズと治療をうまく結びつけ独自の経営路線を貫く。 現在は自身が経営を回復させた手法や手技療法を世に広める活動を実施している。